• 明石の新築一戸建てに必要な耐震性

    地震の多い日本では、住宅に高い耐震性が求められます。



    明石の新築一戸建ても例外ではありません。

    最近の新築一戸建ての特徴は、建築基準法で定められた以上の耐震性が要求されることです。建築基準法による最低限度の耐震性では、大きな地震に対して十分ではないことが、一般にもわかってきた証拠です。

    お手軽なgoo ニュースの知識を持つことが重要です。

    大手住宅メーカーや工務店は独自の工法で耐震性を高める工夫をしています。


    大手住宅メーカーは、それぞれに得意とする工法を持っています。2×4工法を得意とするメーカーでは、実物大の耐震実験施設を使って繰り返しの揺れに耐える実験で耐震性をアピールしています。

    木造のSE工法を得意とするメーカーでは、接合部の補強金物の強度を高めることで、耐震性を高めています。従前より著しく耐震性を高める試みをしているのが明石で新築一戸建てを建てる工務店です。



    工務店は木造軸組み工法を得意としているので、筋違いの設置以外に、耐震性を高める工夫を始めています。
    床の剛性を高めることは、工務店の間では当たり前のこととなりました。
    筋違いが設置された住宅の欠点は、筋違いがバラバラに作用し、特定の筋違いに地震の力が集中しすぎることです。

    この欠点を補うため、建物全体が一体となって地震に抵抗するための床の剛性の向上は理にかなったことです。
    明石の新築一戸建ての耐震性尾を客観的に判断する指標として、住宅性能表示制度が利用されています。

    耐震等級3或は、耐震等級2の住宅は、建築基準法の基準である耐震等級1の住宅と比べて、客観的に耐震性が高いといえます。